So-net無料ブログ作成
検索選択
2008高尾山 ブログトップ
前の10件 | -

高尾山の旅 その12 [2008高尾山]

0178高尾山30.JPG
ずんずん進んでいくと、4号路のメインともいえる吊り橋に到着。
規模は小さいですが趣あります。
0179高尾山31.JPG
下はこんな感じに木々が生い茂っているので、
高いのが苦手な人でも怖くないかも。
0180高尾山32.JPG
結局往復2時間ぐらいで高尾山登山は終了。
駅に着くと、これから登る人でいっぱい!
午後からだとかなり混雑するので、
それが嫌な人は朝イチで登るのがよさそうです。

高尾山の旅 その11 [2008高尾山]

0174高尾山27.JPG
4号路は木々でうっそうとしています。
空を見ると木漏れ日がいい感じ。気持ちいいなぁ。
0175高尾山28.JPG
足元はこんな感じで根っこがぼこぼこあるところも。
足をとられないように注意注意。
0176高尾山29.JPG
下りなので基本的には楽ですが、こういう所はちと歩きづらかったです。

高尾山の旅 その10 [2008高尾山]

0171高尾山24.JPG
基本的に気が短い私たち。
頂上でちょっと休憩しただけでとっとと下山することに。
帰りも行きと同じコースだと面白くないだろうということで、
4号路で下ることにしました。
0172高尾山25.JPG
1号路と打って変わってこれぞ山歩き!という感じの道が続きます。
こちらの方がなんだか楽しいですが、
急坂が多いので、下りにしてよかったと思いました。
ここを登ってきたら疲れ倍増だったかも。
0173高尾山26.JPG
途中には、ベンチが設置された休憩所っぽいところもありました。
やっぱり、森林の中にいると清々しい気持ちになりますね。

高尾山の旅 その9 [2008高尾山]

0168高尾山21.JPG
高尾山薬王院を抜け、いよいよ頂上へ!
このあたりまで来ると人も多いですね。
0169高尾山22.JPG
頂上に到着。休憩して食事をとっている人がたくさん。
私たちもおにぎりを食べました。
周囲に木々が多いためか、パーっと開けているわけでもなく、
全体的に頂上っぽくありません。
ちょっと高いですが、食事処もありましたよ。
0170高尾山23.JPG
この日、天気は良かったんですが、富士山は見えずがっくり。
空気が澄んでいる冬の方がいいかもしれませんねー。

高尾山の旅 その8 [2008高尾山]

0165高尾山18.JPG
仁王堂が見えてきました。
このあたりですでに足がパンパンだったので、階段がつらい…。
日頃の運動不足を思い知らされますねー。
0166高尾山19.JPG
ご本堂です。お線香をあげて、お参りしました。
0167高尾山20.JPG
ご本堂からまた階段を登るとご本社が。
地味で渋めのご本堂に比べると、こちらは色彩豊かでハデ。
どちらかというとこっちが好みかも。

高尾山の旅 その7 [2008高尾山]

0163高尾山16.JPG
いよいよ高尾山薬王院へ。登山ルートの途中にあるのに驚き。
なんだか登山に来たのを忘れてしまいそう。
0164高尾山17.JPG
ここにも天狗さんが。他にも見どころたくさん。
もちろんおみくじもあります。

高尾山の旅 その6 [2008高尾山]

0160高尾山13.JPG
途中、道が二手に分かれていました。
右手が山道、左手が写真の階段。
見るからに急な階段に怖気づいて、
写真だけ撮って右手に進むひ弱な私たち…。
0162高尾山15.JPG
ちょっとルートを外れて仏舎利塔も見に行きました。
0161高尾山14.JPG
天狗さんもいました。ここは人もあまりいなくて静かな雰囲気でした。

高尾山の旅 その5 [2008高尾山]

0158高尾山11.JPG
たこ杉を後にして先へ進むと浄心門が見えてきました。
高尾山山頂まではいくつか登山コースがありますが、
初めて登るので、行きは基本の1号路を選択。
このコースは舗装されているので、
あまり山登りしている感じはなく、歩きやすいです。
0159高尾山12.JPG
だんだん参道っぽくなってきます。

高尾山の旅 その4 [2008高尾山]

0156高尾山9.JPG
サル園を出てすぐのところにある「たこ杉」です。
その名の通り根っこがたこの足のよう。
0157高尾山10.JPG
穴開いてます。タコつぼみたい。

高尾山の旅 その3 [2008高尾山]

0153高尾山6.JPG
ケーブルカー高尾山駅から歩いてすぐのところに、
「高尾山サル園」があります。
ちょうどオープンと同時に入りました。
0154高尾山7.JPG
1階ではガラス越しに、おサルさんを見ることができます。
0155高尾山8.JPG
階段を登って上から見たところ。今年産まれた子ザルが何匹かいたんですが、
その仕草のかわいらしさといったら、思わず連れて帰りたくなりますよー。
スタッフの方に、常に尻尾が上を向いているのがボスザルだと教えてもらいました。
前の10件 | - 2008高尾山 ブログトップ